Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童相談所が入所児童の個人情報を誤送付 - 担当者異動で作業ミス

横浜市は、同市児童相談所の入所児童の情報が記載された「入所児童支援担当者名簿」を、関係ない施設へ送付し、個人情報が漏洩したと発表した。

同市によれば、各児童相談所が取りまとめた名簿を、南部児童相談所から児童養護施設など市内外にある57の施設に対して送付する際、誤って本来必要ない全施設の名簿を送付、32施設が開封していた。名簿には、児童の氏名や入所施設名など907人分の個人情報が記載されている。

名簿を受け取ったファミリーグループホーム長の指摘により問題が判明。同市では全施設へ謝罪し、名簿を回収した。4月の定期異動により送付業務の担当者が変わったが、名簿の管理について引き継ぎがうまく行われていなかったという。

(Security NEXT - 2008/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区