Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童相談所が入所児童の個人情報を誤送付 - 担当者異動で作業ミス

横浜市は、同市児童相談所の入所児童の情報が記載された「入所児童支援担当者名簿」を、関係ない施設へ送付し、個人情報が漏洩したと発表した。

同市によれば、各児童相談所が取りまとめた名簿を、南部児童相談所から児童養護施設など市内外にある57の施設に対して送付する際、誤って本来必要ない全施設の名簿を送付、32施設が開封していた。名簿には、児童の氏名や入所施設名など907人分の個人情報が記載されている。

名簿を受け取ったファミリーグループホーム長の指摘により問題が判明。同市では全施設へ謝罪し、名簿を回収した。4月の定期異動により送付業務の担当者が変わったが、名簿の管理について引き継ぎがうまく行われていなかったという。

(Security NEXT - 2008/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
介護保険料納入通知書を誤送付、委託先が封入ミス - 笠間市
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
封入ミスで別人の就学支援金通知書を送付 - 神奈川県
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市