Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原子力発電の設計データ入りハードディスクが盗難 - 東芝

東芝は、府中事業所において原子力発電などのシステム情報を保存したハードディスクが盗まれたと発表した。同社では盗まれたデータの特定を急いでいる。

データ保存用サーバの外付けハードディスク3台やデスクトップパソコンの内蔵ハードディスク1台が所在不明となっているもので、最後に作業を行った5月12日夜から被害に気が付いた14日までの間に盗まれたと見られている。

デスクトップパソコンについては、2007年4月より故障のため施錠管理された部屋で保管されていたが、5月14日に内蔵ハードディスクがなくなっていることに気が付いた。

盗まれたハードディスクには、原子力や火力、水力など発電制御システムの設計データなどが含まれていた。同社では保存されていたデータの特定を進めているが、すべて確認するには数日かかるという。

同社では、2007年2月にも同じ府中事業所において、関係会社が原子力関連の業務情報を保存したパソコンを盗まれた。また翌3月には関係会社の従業員が、原発情報を含む書類を電車内で紛失している。

さらに2008年3月、東京電力福島第一原子力発電所構内にある同社作業所内の協力会社事務所でパソコンが盗まれ、原子力安全・保安院が、電気事業連合会に盗難防止策の徹底を求めていた。

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電
個人線量データを誤送信、個人番号も - 東電
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
再委託先がアンケート調査票を誤送付 - 経産省
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電