Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力

電力サービス「みんな電力」などを提供するUPDATER(旧みんな電力)は、ファイルサーバがランサムウェアに感染し、顧客や取引先など関係者の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、9月18日深夜にファイルサーバがランサムウェアに感染したことを同社従業員が確認。サーバを停止し、ネットワークを遮断して、外部協力のもと原因や被害状況などを調査したところ、外部に情報が流出した可能性があることがわかった。

流出の可能性があるのは、個人や法人の顧客、電力需給管理業務など同社受託事業の顧客、発電事業者および取引先における氏名、社名、住所、電話番号、メールアドレス、契約内容、金融機関の口座情報。

さらに株主の氏名や住所、電話番号のほか、退職者を含む従業員情報なども被害に遭った可能性がある。

顧客向けに提供している「みんな電力マイページ」に関しては、被害が確認されたファイルサーバと異なるネットワーク環境で運用しており、影響を受けないとしている。

同社では、9月22日に個人情報保護委員会および警察へ報告。対象となる関係者に順次連絡を取っている。引き続き、感染原因や経路など調査を進めるとともに、セキュリティや監視体制の強化を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起