Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲーム「Lievo」の一部サイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染の可能性

SeedCが運営するオンラインゲーム「Lievo」のコンテンツサイトが不正に改ざんされ、閲覧者にウイルスが感染するおそれがあったことがわかった。

5月10日18時30分ごろから同日22時20分まで、ウェブサイトの一部が改ざんされ、中国の不正サイトへアクセスするコードが埋め込まれたもの。改ざんされたページは、同社が提供するゲーム「ハルカ」「MIXMASTER」「カーディナル・サーガ」「WarRock」「GallopRacerONLINE」「ラブネマ」「アッピー2」の告知ページ。

改ざんされた期間にこれらページヘアクセスして不正サイトへ誘導された場合、ウイルス「Downloader」に感染し、さらにバックドアなど導入する「Trojan.Dropper」がダウンロードされるおそれがあった。

同社ではメンテナンスを同日中に完了させ、サービスは11日未明より再開。個人情報の流出はなかったという。同社では不正プログラムの対策方法を公開して、不正プログラムが感染していた場合は駆除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性