Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール本文に異なる顧客の会社名と氏名を誤記載して配信 - 日商エレクトロニクス

日商エレクトロニクスは、顧客へ送信したメールの本文に関係ない別の顧客の個人情報を記載して配信したことを明らかにした。原因は配信データ作成ミスだという。

誤配信が発生したのは、イベントへの出展を案内するメール。5月8日に配信した際、一部のメールにおいて受信者と本文内の顧客情報が異なっていたもので、調査した結果、1692件のメールで誤って別の顧客の会社名や氏名が記載されていたことが判明した。

原因は、配信データ作成時の人為的ミスで、作成後の担当者が確認したが、気付かずにそのまま配信したという。同社では関連する顧客に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2008/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大