Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝委託先からダムのシステム情報がネット流出 - 事故報告までに1カ月

東芝が開発したダム管理用コンピュータのソフトウェアに関する技術情報が、同社グループ会社の業務委託先からインターネット上へ流出したことがわかった。

流出した情報は、ダム管理用システムのソフトウェア。流入量や平均雨量、ゲート操作の計算や操作記録を行ったり、画面表示や印刷に用いられるシステムの一部で、国土交通省直轄のダムをはじめ、複数のダムで使用されている。

データは、3月2日から3日にかけて委託先のサーバからインターネット上に流出。3日に委託先が問題へ気が付き、外部からのアクセスを遮断した。東芝では3月5日に流出の事実を把握していたが、国土交通省のダム管理事務所へ事故を報告したのは4月15日で、事故から1カ月以上経過していた。

ダムの管理システムはインターネットへ接続されておらず、流出したプログラムだけではダム管理システムの起動が行えないなど、東芝は今回の流出によるダム管理への影響はないと説明しているが、国土交通省では、同省や水資源機構が管理するダムの事務所に対して注意喚起を実施した。また東芝に対して、事故や報告遅延の原因や再発防止策について5月15日までに報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2008/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都