Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国政モニターのメールアドレスが送信ミスで流出 - 内閣府

内閣府が管理していた国政モニターの一部メールアドレスが、職員のメール送信ミスにより外部へ流出した。

4月7日に内閣府大臣官房政府広報室の職員が、メールの登録を希望した国政モニターへ受理のメールを送信する際、122人分のメールアドレスを宛先に記載したことから、本人以外の受信者にも閲覧できる状態となった。122件のうち11件については不達で、実際の流出は111人分だと見られている。

同府では、翌4月8日に謝罪のメールを送付。また4月9日に問題のメールを削除を依頼するメールを送信し、さらに謝罪と今後の方針に関する書面を郵送した。今後同府では、複数の担当者による相互チェック体制の整備など、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力