Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国政モニターのメールアドレスが送信ミスで流出 - 内閣府

内閣府が管理していた国政モニターの一部メールアドレスが、職員のメール送信ミスにより外部へ流出した。

4月7日に内閣府大臣官房政府広報室の職員が、メールの登録を希望した国政モニターへ受理のメールを送信する際、122人分のメールアドレスを宛先に記載したことから、本人以外の受信者にも閲覧できる状態となった。122件のうち11件については不達で、実際の流出は111人分だと見られている。

同府では、翌4月8日に謝罪のメールを送付。また4月9日に問題のメールを削除を依頼するメールを送信し、さらに謝罪と今後の方針に関する書面を郵送した。今後同府では、複数の担当者による相互チェック体制の整備など、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
納期遅延の通知メールで送信ミス - ソフト販売会社
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー