Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

納税者の取引先情報4300件を署内で紛失 - 萩税務署

広島国税局萩税務署において、法人納税者の取引先情報を保存したCD-ROMが所在不明となっている。

所在がわからなくなっているのは、同署管内にある法人納税者の取引資料を記録したしたCD-ROM。山口県内の同法人取引先約4300件の情報が保存されており、氏名や住所、取引金額など含まれる。

同署では、CD-ROMを1月21日に同法人より収集したが、3月28日に紛失していることに気が付いたという。今回の事故を受け、同署では同法人に対し事情の説明や謝罪を行った。今後は記録メディアの管理の再度徹底し、再発の防止に取り組む。

(Security NEXT - 2008/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府