Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住基ネットの操作者用ICカードを委託先が一時紛失 - 三重県

三重県において、住民基本台帳ネットワークシステムの操作者用ICカードを、委託先が一時紛失する事故が発生した。

同県が、システムの運用管理を委託しているNECのシステムエンジニアがに紛失したもの。同県では同社より報告を受けてカードを失効させたという。紛失したカードを利用した不正アクセスはなかった。

同県では引き続き探索するよう指示していたが、その後同システムエンジニアの自家用車から見つかり、回収されたという。同県では、NECに対して厳重注意を行い、今後は施錠管理を実施するなど、ICカードの管理の徹底を図る。

(Security NEXT - 2008/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
卒業証明に利用する台帳が所在不明 - 横浜市の小学校
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
非公開とすべき個人情報含む行政文書を誤公開 - 新潟県
幼稚園の届出書などが所在不明 - 大阪府
保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県