Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教諭自宅から卒業生や在校生など935人分の個人情報盗まれる - 埼玉県

埼玉県立高校の教諭が、空き巣被害により生徒の個人情報を保存したパソコンを盗まれたことがわかった。

4月6日に教諭が空き巣被害に遭い、貴金属などとともに個人情報を記録したパソコンを自宅から何者かに持ち去られたもの。2007年度卒業生310人分の氏名や住所、電話番号、出身校、身体測定データ保護者名、出欠や成績のほか、在校生625人分の氏名や住所、電話番号、出身校、保護者名が保存されていた。

同教諭は、2007年8月に調査書を作成する新しいシステムについて開発作業を行うため、自宅のパソコンへデータをコピーしていた。同県では、パソコンには起動パスワードが設定されていると説明している。

同県によれば、個人情報の流出や第三者による不正利用は確認されていないという。同県では、関連する卒業生、在校生、保護者に対して文書で事情の説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
封入ミスで別人の就学支援金通知書を送付 - 神奈川県
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市