Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教諭自宅から卒業生や在校生など935人分の個人情報盗まれる - 埼玉県

埼玉県立高校の教諭が、空き巣被害により生徒の個人情報を保存したパソコンを盗まれたことがわかった。

4月6日に教諭が空き巣被害に遭い、貴金属などとともに個人情報を記録したパソコンを自宅から何者かに持ち去られたもの。2007年度卒業生310人分の氏名や住所、電話番号、出身校、身体測定データ保護者名、出欠や成績のほか、在校生625人分の氏名や住所、電話番号、出身校、保護者名が保存されていた。

同教諭は、2007年8月に調査書を作成する新しいシステムについて開発作業を行うため、自宅のパソコンへデータをコピーしていた。同県では、パソコンには起動パスワードが設定されていると説明している。

同県によれば、個人情報の流出や第三者による不正利用は確認されていないという。同県では、関連する卒業生、在校生、保護者に対して文書で事情の説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
中学教諭が答案用紙を電車内に置き忘れて紛失 - 仙台市
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市