Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドポイントセキュリティ製品にNAC機能を統合 - ソフォス

ソフォスは、大規模ネットワーク向け統合セキュリティ製品の最新版「Endpoint Security and Control 8.0」を、4月15日より発売する。最新版では、あらたにNAC機能が統合された。

同製品は、ウイルスやスパイウェア対策、不正侵入防止、アプリケーション制限、ファイアウォールなどの機能を統合したセキュリティ製品。「Enterprise Console」からの集中管理機能や自動アップデート機能が搭載されている。

最新版ではあらたに、ネットワークアクセスコントロール機能を追加。企業ネットワークに接続されているクライアントPCやサーバについて、OSのアップデート状況やウイルス対策ソフトの導入状況を評価し、問題が見つかった場合には、ポリシーに沿って「自動修復」や「隔離」「ユーザーへの通知」「限定された情報のみアクセス許可」など対処する。

また、ネットワーク管理者が特定グループの管理者へ管理権限を委任する機能や、以前から導入されている他社のウイルス対策製品を一括してアンインストールする機能など、管理をサポートする機能を追加した。旧バージョンのユーザーは、追加料金なしでアップブレードできる。

(Security NEXT - 2008/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード