Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類の誤送付や紛失など事故6件を公表 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、顧客情報が記載された書類の誤送付や紛失など、情報漏洩に関わる6件の事故について公表した。同機構では関連する顧客に対し説明と謝罪を行っている。

同機構によれば、2008年2月22日から3月17日にかけて5件の誤送付が発生。いずれも業務の委託先機関へ送付する際に宛先を誤ったため、別の委託先へ送られたという。誤送付されたのは登記費用請求書や領収書の写し、差押解除通知書、参加差押解除通知書などで、顧客の氏名のほか、一部には住所なども含まれる。

誤送付された書類についてはいずれも回収済みで、誤送付先となった委託先機関には業務委託契約で守秘義務を課していることから、情報が外部へ漏洩する可能性はないと同機構では説明している。

また四国支店では、信用情報の利用および登録同意書の紛失が発生。顧客2人の氏名が含まれる。事務所内で保管されていたもので、外部へ持ち出した形跡や問い合わせなどもないことから、誤って廃棄した可能性が高いという。

(Security NEXT - 2008/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市