Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島第一原発で業務用パソコンが盗難被害 - 機微情報含まれず

東京電力は、原子力発電所関連業務を委託する東芝において、業務用パソコンの紛失事故が発生したと発表した。

東芝の協力会社が、福島第一原子力発電所の東芝作業所内にある協力会社事務所において、パソコンの盗難被害が発生したもの。持ち去られたパソコンには、核物質防護に関する機微情報や個人情報は、保存されていなかったと東電では説明している。

また東芝では、業務用パソコンの施錠管理が不十分だった認め、被害が発生した事務所の管理強化など、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇