Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「@SOLAショップ」の顧客情報流出に関するフォレンジック調査が終了 - 既存報告に変更なし

丸紅インフォテックが運営するオンラインショップ「@SOLAショップ」に不正アクセスがあり、顧客情報が流出した問題で、専門機関によるフォレンジック調査が終了した。同社によれば、これまでの調査結果報告との相違はなかったという。

同事件は、2005年6月13日から2007年7月28日にかけて何者かが同ショップに不正侵入し、会員の個人情報が流出したもの。流出件数は1万3966件にのぼり、氏名や住所、パスワードのほか、クレジットカード情報も流出した。

同社では、サーバの運用を委託していたトランスコスモスや第三者調査期間と連携して原因の究明を進め、昨年12月11日に結果を公表。サイトにおけるSQLインジェクション対策に脆弱性があり、不正アクセスを防ぎきれなかったと結論づけた。

その後、さらに同社では専門機関によるフォレンジック調査を実施。その結果、侵入経路や流出規模など、これまで実施した調査結果と相違点がなかったことが判明したとして今回公表した。

(Security NEXT - 2008/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開