Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信によるメールアドレスの流出事故を公表 - 総務省

総務省は、通信審議会「ITU-T部会」の傍聴希望者へメールで連絡する際、誤ってメールアドレスを流出したことを公表した。

同省情報通信政策局通信規格課が、2月29日に同部会の傍聴可否を希望者へ連絡する際、メールの誤送信が発生したもの。ほかの受信者が確認できる状態で送信してしまい、送信先となる3人分のメールアドレスが流出した。

担当者が送信直後に事故へ気が付き、関係者へ謝罪、メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処