Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信によるメールアドレスの流出事故を公表 - 総務省

総務省は、通信審議会「ITU-T部会」の傍聴希望者へメールで連絡する際、誤ってメールアドレスを流出したことを公表した。

同省情報通信政策局通信規格課が、2月29日に同部会の傍聴可否を希望者へ連絡する際、メールの誤送信が発生したもの。ほかの受信者が確認できる状態で送信してしまい、送信先となる3人分のメールアドレスが流出した。

担当者が送信直後に事故へ気が付き、関係者へ謝罪、メールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意