Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先が事務所荒らし被害で顧客情報盗まれる - 東京みどり農協

東京みどり農業協同組合は、業務の再委託先において顧客情報を紛失したと発表した。

同農協では、ガス工事について全国農業協同組合連合会へ業務を委託しているが、同連合会の再委託先であるトップワークが、2月9日未明に事務所荒らしの被害に遭い、個人情報を保存していたパソコンが何者かに盗まれたという。

持ち去られたパソコンには517人分の個人情報が保存されており、氏名や住所、工事に関する情報が含まれる。同農協では、被害を警察へ届け、関連する顧客へ謝罪や事情説明を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強