Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の取り扱いに疑問「14.4%」 - 4月スタートの「特定健診」

2008年4月からスタートする「特定健康診査」や「特定保健指導」だが、認知は43.5%にとどまり、個人情報や機密情報などの取り扱いについても疑問に感じる人が1割以上にのぼることがわかった。

インターワイヤードが、同社ネットリサーチサービスの登録モニター9863人を対象に「特定健康診査」や「特定保健指導」について世論調査を実施し、判明したもの。「特定健診」について疑問に感じることや詳しく知りたいと思うことについて質問したところ、7割弱が「費用」とし、受診場所や検査内容なども半数弱と多かった。

一方で、個人情報や機密情報の管理について疑問に思う人も14.4%と1割を超えており、「会社で健診を受けた場合に弊害が発生するのでは」といった不安の声も寄せられたという。

(Security NEXT - 2008/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性