Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のセキュリティパッチは12件 - マイクロソフト

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。深刻度が「緊急」とされる7件や「重要」とされる5件の脆弱性へ対応するとしており、2月13日より12件のプログラムを提供する予定だ。

今回のセキュリティ更新プログラムでは、「Windows」や「Internet Explorer」「Office」をはじめ、緊急で対処すべき脆弱性7件を解消する予定。いずれも脆弱性を攻撃された場合、リモートでコードが実行されるおそれがあるという。

また、深刻度が「重要」とされる脆弱性は、「Windows」のほか「Active Directory」や「ADAM」でサービス拒否が発生するものや「IIS」において特権の昇格やリモートでコードが実行される脆弱性など含まれる。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年2月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性