Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インテックとQript、セキュアメッセンジャーの販売で協業

インテックとQriptは、セキュリティへ配慮したIM「Yocto セキュアメッセンジャー」の販売で協業した。

同製品は、Qriptが開発したログ管理機能やユーザー管理機能を搭載したメッセンジャーソフト。従来、Qriptが数十から数百人規模へ対応するアプライアンスを提供してきたが、今回の協業を通じて両社はサーバの冗長化など大規模体制への対応など検証を実施。コールセンターやテレワークといった数千名規模の導入が可能となった。

インテックは、独自のアプライアンスサーバモデルを用意し、中小から大規模まで幅広く対応をする。また両社はセミナーなど共同でマーケティングを展開する計画だという。

(Security NEXT - 2008/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て