Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報検索ツールをバージョンアップ - KLab

KLabは、個人情報検出ツールの最新版「P-Pointer 3.2.0」を3月中旬より販売を開始する。

同製品は、企業内のファイルサーバやクライアントPC内に存在する個人情報を含んだファイルを検索できるソフトウェア。今回のバージョンアップでは、検索エンジンの最適化や監査ロジックの最適化を実施した。

またシンクライアントシステムの増加により、サーバ監査のニーズに応えられるよう、検索速度を向上させた。さらに同ソフトの標準辞書として従来より提供している「地名」「人名」「電話番号」「メールアドレス」に加え、金融機関から要望していた「半角カナ人名辞書」も追加している。

(Security NEXT - 2008/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
BCCのメールアドレスをメール本文にも貼り付けるミス - 東京都中央卸売市場
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀