Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策ソリューション「Pirates Buster」がVista対応

トリニティーセキュリティーシステムズは、データの情報漏洩や不正利用を防止する「Pirates Buster」シリーズ3製品の最新版を発売した。

同シリーズで、ウェブシステム上の文書ファイルをはじめ、デジタルデータの情報漏洩と不正使用を防止する「同 for WebDocument Ver.2.0」や、ファイルの暗号化、ファイルの利用期限を設定できる「同 for Document Ver.4.0」では、クライアントアプリケーションである「User Manager」「Data Locker」「Secure Viewer」「Folder Locker」が、Windows Vistaへ対応した。

また、両製品にブラウザの画面キャプチャやコピー、印刷などを防止する「同 for Active WebPage Ver.4.0」を含めた3製品において、ポリシーサーバのデータベースにMicrosoft SQL Serverが利用できるようになった。

(Security NEXT - 2008/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自動送信ログに個人情報含む不具合 - パナソニック製カーナビ
基幹システムがランサム被害、生産に支障なし - 食品包装メーカー
2月のDDoS攻撃は減少、約100件を観測した日も - IIJレポート
「Microsoft Defender」で正規URLの誤検知が発生
「NGINX Agent」に情報漏洩の脆弱性 - アップデートがリリース
交付金申請様式に個人情報、19施設に誤送付 - 北谷町
3月のMS月例パッチ、産業制御システムへの影響に注意を
MLOpsプラットフォーム「MLflow」に深刻な脆弱性
マンション関係者向け会員サービスでアクセス設定不備 - 住友不動産
顧客情報含む伝票1箱を紛失、誤廃棄の可能性 - 佐賀銀