Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報や試験結果など含むPCが教室内で盗難に - 近畿大

近畿大学の工学部において盗難が発生し、学生337人分の個人情報や、一部学生の試験結果などが保存されたパソコンが盗まれた。

被害に遭ったパソコンは、教員が講義の準備のために持参したもので、講義を担当する4科目の受講生のべ337人の氏名、学籍番号、出欠状況などが保存されていた。また、そのうち1科目99人に関しては、筆記試験の結果が含まれているという。

1月22日朝、教員がパソコンを教室内に持参。講義の準備のため、パソコンを置いたまま一時部屋を離れた間に盗まれたという。同大学では、関連する学生に対し経緯説明と謝罪を行った。また個人情報保護に関する認識や管理体制が不十分だったとして、情報管理を強化する。

(Security NEXT - 2008/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性