Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒321人の成績データなど含むUSBメモリを紛失 - 岐阜の県立高校

岐阜県教育委員会は、県立高校の教諭が、3年生321人の成績データなどが含まれたUSBメモリを、職員室に置き忘れて紛失したと発表した。

所在が不明となっているメモリには、大垣東高校3年生321人分の数学の成績や、担当しているクラブの部員名簿16人分、学級編成に関する資料40人分、実施済み定期試験の問題などが記録されていた。

12月19日の午前中に職員室内で作業後、デスク上に置き忘れてそのまま紛失したとみられている。紛失が判明した20日午前9時以降、数回にわたって捜索を行ったが見つからなかった。

同校では警察へ紛失届を提出。生徒や保護者に対して説明や謝罪を行った。また教育委員会では、関係者の処分を検討するとともに、校長会において情報管理の再徹底を指示したとしている。

(Security NEXT - 2008/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生