Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒321人の成績データなど含むUSBメモリを紛失 - 岐阜の県立高校

岐阜県教育委員会は、県立高校の教諭が、3年生321人の成績データなどが含まれたUSBメモリを、職員室に置き忘れて紛失したと発表した。

所在が不明となっているメモリには、大垣東高校3年生321人分の数学の成績や、担当しているクラブの部員名簿16人分、学級編成に関する資料40人分、実施済み定期試験の問題などが記録されていた。

12月19日の午前中に職員室内で作業後、デスク上に置き忘れてそのまま紛失したとみられている。紛失が判明した20日午前9時以降、数回にわたって捜索を行ったが見つからなかった。

同校では警察へ紛失届を提出。生徒や保護者に対して説明や謝罪を行った。また教育委員会では、関係者の処分を検討するとともに、校長会において情報管理の再徹底を指示したとしている。

(Security NEXT - 2008/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も