Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティシステムの入退カード情報が盗難に - 松下電工

松下電工は、同社が提供するビルセキュリティシステムのメンテナンス業務において、入退カード情報が記録されたパソコンを何者かに盗まれたと発表した。

盗難被害に遭ったのは、同社派遣社員が使用していた業務用ノートパソコンで、2007年12月7日に判明したもの。盗まれたパソコンには、同社がセキュリティシステムのメンテナンス業務を受託しているビルのテナント従業員4763人分の氏名や部署名など入退カード情報が記録されていた。

同社によれば、同パソコンにはパスワードなどが設定されており、不正利用などは発生していないという。

(Security NEXT - 2008/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性