Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

置き引きで顧客情報約3万7000件が盗まれる - GE関連会社

GEキャピタルリーシングは、個人情報が保存された業務用パソコンを12月7日に紛失したと発表した。パソコンには、暗号化は実施してあったものの、パスワード管理が甘く、個人情報漏洩のおそれがあるという。

同社従業員が帰宅する際に、JR京浜東北線内で置き引き被害に遭い、何者かにパソコンを持ち去られたもの。同パソコンには、顧客企業の代表者や会社住所、電話番号、生年月日など3万7039件が保存されていたという。

同社によれば、パソコンは暗号化が行われていたが、パスワード管理が徹底されておらず、個人情報漏洩の可能性があるという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
Adobe、複数製品向けにアップデート - CVSS基本値「10」の脆弱性も
深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増