Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

置き引きで顧客情報約3万7000件が盗まれる - GE関連会社

GEキャピタルリーシングは、個人情報が保存された業務用パソコンを12月7日に紛失したと発表した。パソコンには、暗号化は実施してあったものの、パスワード管理が甘く、個人情報漏洩のおそれがあるという。

同社従業員が帰宅する際に、JR京浜東北線内で置き引き被害に遭い、何者かにパソコンを持ち去られたもの。同パソコンには、顧客企業の代表者や会社住所、電話番号、生年月日など3万7039件が保存されていたという。

同社によれば、パソコンは暗号化が行われていたが、パスワード管理が徹底されておらず、個人情報漏洩の可能性があるという。

(Security NEXT - 2007/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件