Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1台のPCで機密業務と一般業務の同時利用を可能にするセキュリティソフト - 日立ソフト

日立ソフトウェアエンジニアリングは、1台のパソコン上で2台分のシステム環境を構築し、機密情報の管理を一般情報の管理と分離できるセキュリティソリューション「Data Trans Guardian」を発売した。

同製品は、仮想化技術を活用し、1台のパソコン上で複数の環境を構築できるセキュリティソリューション。同ソリューションでは、機密情報を扱うネットワークと一般業務を行うネットワークの環境を分離することで、機密情報を扱うネットワークへのウイルス感染防止や機密情報漏洩対策などを実現する。

いずれの環境もOSに「Windows XP Professional SP2」を採用し、転送サーバに「CentOS 5」、仮想化ソフトウェアに「VMware Workstation 5.5」を利用している。

(Security NEXT - 2007/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市