Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1台のPCで機密業務と一般業務の同時利用を可能にするセキュリティソフト - 日立ソフト

日立ソフトウェアエンジニアリングは、1台のパソコン上で2台分のシステム環境を構築し、機密情報の管理を一般情報の管理と分離できるセキュリティソリューション「Data Trans Guardian」を発売した。

同製品は、仮想化技術を活用し、1台のパソコン上で複数の環境を構築できるセキュリティソリューション。同ソリューションでは、機密情報を扱うネットワークと一般業務を行うネットワークの環境を分離することで、機密情報を扱うネットワークへのウイルス感染防止や機密情報漏洩対策などを実現する。

いずれの環境もOSに「Windows XP Professional SP2」を採用し、転送サーバに「CentOS 5」、仮想化ソフトウェアに「VMware Workstation 5.5」を利用している。

(Security NEXT - 2007/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響