Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロジテックの外付けハードディスクにウイルスが混入

ロジテックの外付けハードディスクにウイルスが混入したことがわかった。同社では、使用の中止やウイルスの駆除を呼びかけている。

ウイルスの混入が判明したのは、2007年12月10日以前に出荷された2.5型外付けハードディスク「LHD-PSA120U2SV」「LHD-PSA160U2SV」の一部。ウイルスが感染した可能性がある製品のシリアル番号は特定できており、シリアル番号は同社ウェブサイトで確認できる。

混入した可能性があるウイルスは、リムーバブルディスクを介して拡散するトロイの木馬「W32,Drom」で、ディスクをコンピュータに接続するとオートランにより実行が促されるという。実行してしまった場合はウイルスに感染し、増殖活動や不正ファイルのダウンロードが行われる。

同社では、対象製品について使用をすぐに中止し、最新のウイルス対策ソフトにより駆除してほしいと呼びかけている。また未使用品については交換に応じるとしている。

同社では、2007年1月にも出荷した外付けハードディスク内にウイルスが混入する同様の事故が発生していた。

(Security NEXT - 2007/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、172件2776万円に
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」