Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号モジュール認証制度の試験機関に初の民間 - IPAから業務移管

情報処理推進機構は、暗号モジュール認証制度の試験機関として電子商取引安全技術研究所評価センターを承認した。今後は、同機構の試験業務を同社へ移管する。

IPAでは、2007年4月より暗号モジュールの認証制度「JCMVP(Japan Cryptographic Module Validation Program)」を運用しており、開始当初より試験と認証を兼務してきたが、今回の承認により民間へ試験を完全に移管することになる。IPAにおける試験受付は12月28日に終了する予定。

(Security NEXT - 2007/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

29日時点の「ドコモ口座」被害申告状況を発表 - NTTドコモ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
国勢調査の関連資料を調査員が紛失 - 平塚市
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ