Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

模倣犯登場で2008年は組織的なサイバー犯罪がさらに拡大 - MessageLabs

2007年は、犯罪のプロ集団による組織的なサイバー犯罪が横行したが、さらに2008年は模倣する犯罪者が登場し、いっそう複雑な攻撃が行われると、英MessageLabsが2008年度のセキュリティレポートで予測している。

2007年度におけるインターネット犯罪の経済市場規模は1050億ドル超だが、同社によると、今後はより容易に攻撃できるツールが横行するなど規模の拡大し、サイバー攻撃で生計を立てる犯罪者が増加する可能性があるという。

また2007年は、ターゲット絞った攻撃が5月には1日あたり10件だったのに対し、9月に16時間に1100件を突破と増加が目立ったが、2008年はさらに洗練攻撃が行われると予測している。

また同社では、2007年後半にはMP3を用いた株価操作のスパムが発生するなど、スパムの悪質化を警告。今後も動画ファイル、PowerPointなど、添付ファイルの多様化が懸念されるという。また2007年に増加が予測されたインスタントメッセンジャーを利用したスパムは流行を見せなかったが、2008年にずれ込むとの見方を示している。

(Security NEXT - 2007/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生