Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

模倣犯登場で2008年は組織的なサイバー犯罪がさらに拡大 - MessageLabs

2007年は、犯罪のプロ集団による組織的なサイバー犯罪が横行したが、さらに2008年は模倣する犯罪者が登場し、いっそう複雑な攻撃が行われると、英MessageLabsが2008年度のセキュリティレポートで予測している。

2007年度におけるインターネット犯罪の経済市場規模は1050億ドル超だが、同社によると、今後はより容易に攻撃できるツールが横行するなど規模の拡大し、サイバー攻撃で生計を立てる犯罪者が増加する可能性があるという。

また2007年は、ターゲット絞った攻撃が5月には1日あたり10件だったのに対し、9月に16時間に1100件を突破と増加が目立ったが、2008年はさらに洗練攻撃が行われると予測している。

また同社では、2007年後半にはMP3を用いた株価操作のスパムが発生するなど、スパムの悪質化を警告。今後も動画ファイル、PowerPointなど、添付ファイルの多様化が懸念されるという。また2007年に増加が予測されたインスタントメッセンジャーを利用したスパムは流行を見せなかったが、2008年にずれ込むとの見方を示している。

(Security NEXT - 2007/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム