Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

News2uの顧客情報がネット流出 - 原因はサーバの設定不備

ニューズ・ツー・ユーが提供するプレスリリース配信代行サービス「News2u リリース」の顧客情報が、インターネット上で一部閲覧できる状態となり、外部に流出していたことがわかった。サーバの不備が原因だという。

流出したデータは、「News2u リリース」の顧客企業5社が保有する個人情報リスト171人分。氏名や企業名、媒体名、部署名、役職名、電話番号、ファックス番号、メールアドレスなどが含まれていた。検索エンジンに登録され、10月31日に会員企業の指摘により事故が判明した。

同社によると、サーバにアップロードされていた個人情報を含む一部のCSVファイルが外部からアクセス可能な状態にあり、実際にアクセスされた形跡も確認しているという。同社では、2007年6月30日にサーバの移行を実施しており、その際の手順ミスやサーバの設定不備が原因だと説明している。

現在は設定を変更し、検索サイトのキャッシュについても削除を確認している。同社では、関連する企業や個人に対して謝罪した。今後はサーバの設定を変更する際の確認手順書を改定するほか、定期的にサーバのチェックを実施するなど再発防止策を取り組むとしている。

(Security NEXT - 2007/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
「とうきょう認知症ナビ」に医師の自宅住所など誤掲載
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック