Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員情報1510人分が記録されたディスクを委託先が紛失 - 東京文化会館

東京文化会館は、会員の個人情報が記録された光ディスク1枚を、チケット販売業務を委託しているホリプロにおいて紛失したと発表した。

所在不明となっているディスクには、「東京文化会館友の会」会員1510人の氏名、電話番号、会員番号などが記録されていた。公演チケットの販売業務を受託しているホリプロでは、会員割引販売を受け付ける際の本人確認のためにディスクを利用しており、毎月データを更新しているという。

9月17日に9月分の会員情報を更新したのち、ホリプロの担当者が保管。10月になって同会館が返却を要請したが返却されず、同月24日に同社より紛失が報告された。東京文化会館によると、光ディスクにはパスワードが設定されている。

同会館では会員全員に報告と謝罪の文書を送付し、問い合わせ窓口を設置した。また委託先に対して指導徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性