Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎に3種類の脆弱性 - ジャストシステムがアップデートを公開

人気ワープロソフト「一太郎」にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった。今回見つかった脆弱性は3種類で、ジャストシステムでは脆弱性を解消する「セキュリティ更新モジュール」の提供を開始した。

不正に改ざんされた「jtdファイル」や開いた場合、ユーザー権限で任意のコードが実行され、システムが破壊されたり、パソコンを乗っ取られたりするおそれがある。

アップデートの対象製品は、「一太郎2007シリーズ」「同ガバメント2007」「同2007体験版」「同2006」「同ガバメント2006」「同2005」「同文藝」「同2004」「同13」「同12」「同11」「同Lite2」「同 for Linux」「同ビューア」。サポート終了製品にはアップデートは提供されないため、注意が必要。

ジャストシステム
http://www.justsystems.com/

(Security NEXT - 2007/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性