Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎に3種類の脆弱性 - ジャストシステムがアップデートを公開

人気ワープロソフト「一太郎」にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった。今回見つかった脆弱性は3種類で、ジャストシステムでは脆弱性を解消する「セキュリティ更新モジュール」の提供を開始した。

不正に改ざんされた「jtdファイル」や開いた場合、ユーザー権限で任意のコードが実行され、システムが破壊されたり、パソコンを乗っ取られたりするおそれがある。

アップデートの対象製品は、「一太郎2007シリーズ」「同ガバメント2007」「同2007体験版」「同2006」「同ガバメント2006」「同2005」「同文藝」「同2004」「同13」「同12」「同11」「同Lite2」「同 for Linux」「同ビューア」。サポート終了製品にはアップデートは提供されないため、注意が必要。

ジャストシステム
http://www.justsystems.com/

(Security NEXT - 2007/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性