Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネットワークスとクリストン、検疫ネットワークで連携

マクニカネットワークスとクリストンは、セキュリティアプライアンスにおいて提携し、両社製品の連携を実現したと発表した。

今回の提携により、マクニカネットワークスが取り扱っている米ConSentry Networksの「ConSentry LANShieldシリーズ」と、クリストンが提供する「Criston Precision Suite」との連携が可能となったもの。

ConSentry LANShieldシリーズは、クライアントPCのネットワーク認証、検疫、ログ管理、アクセス制御、不正プログラム防御などを統合したLANセキュリティアプライアンス。これに検疫ソリューションCriston Precision Suiteを連携させることで、ネットワーク接続時の認証や端末の状態チェック、パッチの自動適用、アクセス制御、不正プログラム防御まで利用可能となる。

また、端末の自動治癒や柔軟な条件設定など、検疫機能も強化される。400ユーザー環境の参考価格は、ConSentry LANShieldコントローラ本体が483万円。Criston Precision Suiteが645万7500円。

(Security NEXT - 2007/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
個人情報含む会員カード申込書を紛失 - ジョイフーズ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」