Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

RHEL5に対応したセキュリティ製品「McAfee Linux Shield 1.5」が発売

マカフィーは、Linux向けセキュリティ対策ソリューションの最新版「McAfee Linux Shield 1.5」を発売した。

同製品は、32ビット、64ビットのLinux OS上でウイルス対策を実現するセキュリティ対策製品。Windows向けウイルスへ対応するほか、振る舞いからウイルスを検知するヒューリスティックスキャンやアーカイブファイルに含まれるウイルスを検出するアーカイブスキャンを搭載している。

最新版では「Red Hat Enterprise Linux 5」に対応し、あらたなカーネルをサポート。統合管理ツール「McAfee ePolicy Orchestrator」の最新版にも対応している。

マカフィー
http://www.mcafee.com/japan/

(Security NEXT - 2007/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずは更新適用を、対処FAQも更新
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応