Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

泥酔した従業員が路上で2582社分の保守データを盗まれる - 富士ゼロックス

富士ゼロックスは、都内で泥酔した従業員が個人情報を含む顧客情報を盗まれたと発表した。

同社によると、9月26日未明に泥酔した同社従業員が、顧客2582社の機器5414台分に関する保守情報などを保存していたUSBメモリやハードディスクを路上で鞄ごと盗まれたという。顧客名や住所のほか、担当者2403人分の氏名や連絡先が保存されており、同社では顧客や担当者に事態を報告している。

同社では、社内教育の徹底やアクセス制御、監査の強化などを通じて再発防止を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2007/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校