Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市職員の自宅から個人情報がWinny上へ流出

大阪市職員の自宅パソコンから行政情報がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

同市建設局の職員が個人パソコンにデータを保存していたところ、ファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したもので、9月25日に判明した。流出したデータは、氏名や住所、電話番号など下水道工事に関連する個人情報で、約300人分にのぼる。

同局では、USBメモリによるデータの持ち出しを禁止していたが、守られていなかったという。同市では今回の事件を受け、関係者に対して事情を説明し、謝罪を行っている。

大阪市
http://www.city.osaka.jp/

(Security NEXT - 2007/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か