Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市職員の自宅から個人情報がWinny上へ流出

大阪市職員の自宅パソコンから行政情報がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

同市建設局の職員が個人パソコンにデータを保存していたところ、ファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したもので、9月25日に判明した。流出したデータは、氏名や住所、電話番号など下水道工事に関連する個人情報で、約300人分にのぼる。

同局では、USBメモリによるデータの持ち出しを禁止していたが、守られていなかったという。同市では今回の事件を受け、関係者に対して事情を説明し、謝罪を行っている。

大阪市
http://www.city.osaka.jp/

(Security NEXT - 2007/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市
メール誤送信で教員選考試験受験者のメアド流出 - 沖縄県
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録