Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

西福岡税務署、確定申告書を事務処理前に誤廃棄 - 提出者の特定できず

西福岡税務署は、9月18日に提出された所得税の確定申告書数件分を、事務処理前に誤って廃棄したことを明らかにした。

誤って廃棄されたのは、個人課税部門窓口において提出された、所得税の確定申告書数件分。廃棄処理は同署内で行われたことから、個人情報が外部へ漏洩したおそれはないとしている。

事務処理を行う前に廃棄されたため、当該書類の提出者が特定できない状況だという。そのため同署では、同日に窓口から確定申告書を提出したすべての納税者に対し、早急に連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
イベント案内メールを誤送信、メアドが流出 - 滋賀県
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
複数サーバにサイバー攻撃 - 施設設備の施工会社
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大