Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Second Life」に認証データが詐取されるおそれ - セキュリティベンダーが注意呼びかけ

仮想世界を実現する人気サービス「Second Life」にログインIDやパスワードのハッシュ値が詐取されるおそれがあることがわかった。複数のセキュリティベンダーが注意を発している。

見つかった問題は、URIハンドラ「secondlife://」を利用するもので、パラメータ「-autologin」「-loginuri」を設定し、不正なサイトへアクセスさせることで、ユーザーネームとパスワードのハッシュを詐取することが可能となるというもの。

現在、問題を避けるためのパッチなどの提供はされておらず、セキュリティベンダーなどは、信用できないサイトへはアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ