Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、認証サーバ不要の静脈センサー内蔵マウスを発売

富士通と富士通フロンテックは、手のひら静脈認証装置「Palm Secure」のPCログインキットを、10月上旬より法人向けに発売する。スタンダードタイプにくわえ、マウスタイプの製品を用意した。

同製品は、パソコンやアプリケーションへのログインの際、手のひら静脈認証による本人認証を実現する生体認証ソリューション。標準添付されているPCログイン認証ソフトウェアをインストールすることで、認証サーバを使用することなくパソコン単体で認証できる。

マウスタイプとスタンダードタイプの2種類が用意されており、マウスタイプは現在使用しているマウスと交換してそのまま利用することが可能。また、照合する際の手をかざす位置や角度などの許容度が上がったため、手をかざす位置を固定させる手置き台が不要となった。

(Security NEXT - 2007/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を