Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OTPと暗号化により不正接続を防止する無線LANアクセスポイント - T-SS

トリニティーセキュリティーシステムズは、ワンタイムパスワード認証と通常の暗号方式を組み合わせた法人向け無線LANアクセスポイント「IPN-W120AP」を、9月12日より発売する。価格は13万4400円。

同製品は、数十文字という通信単位ごとに暗号化鍵が変化するワンタイムパスワード認証「SAS-2」と、世界標準の暗号化方式を組み合わせた同社独自のセキュリティ技術「IPN技術」を採用した法人向け無線LAN製品。「なりすまし」による不正接続や盗聴などを防ぐほか、高速化技術「SuperAG」に対応した。

また発売と同時に、「IPN-W100シリーズ」向けの最新ファームウェアおよびクライアントユーティリティソフトウェアの「ver.1.3」をリリース。Active Directoryなどのディレクトリサービスを利用する企業ネットワークにおける併用を可能にするなど、「IPN-W100シリーズ」の機能を強化するもので、同社サイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2007/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ