Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCジャパンら、大容量データの保管に対応したフォレンジックリューションを提供

EMCジャパン、エム・ティ・フィールド・サービス、ソレラネットワークスジャパンの3社は、大容量データの保管や復元、改ざん防止機能を備えた「コンプライアンス対応統合ネットワーク・フォレンジック・ソリューション」を提供する。

同製品は、ソレラのネットワークパケットレコーダー「Solera DS」をはじめ、データ検索や解析機能、レポート機能を提供するMTFのフォレンジックツール「inetSNAPs」、EMCのストレージシステム「CLARIX」、およびデータ改ざん防止機能を備えたアーカイブ専用のストレージシステム「Centera」を組み合わせたフォレンジック対策ソリューション。

企業ネットワーク上を流れるパケットデータを記録し、長期保存を実現する。また不正アクセスや情報漏洩が発生した際には、同じ環境を再現して分析することにより、事故の原因を特定する。

(Security NEXT - 2007/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン
「Salesforce」のアクセス権限設定で不備 - コナミ関連2社
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令