Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ脆弱性を検出、修正するソフトのレンタルサービスが開始

フォーティファイ・ソフトウェアとサイオステクノロジーは、アプリケーションの脆弱性を検出、修正するソフトをレンタルで提供する「Fortify SCA 期間限定使用サービス」を開始した。

同サービスは、フォーティファイの脆弱性検出修正ソフト「Fortyfy SCA」を期間限定で提供するもの。アプリケーションのソースコードを解析し、脆弱性を検出し、修正に必要な情報を提供する。

今回のレンタルサービスは、短期的な利用ニーズに応えるもので、単発的なソフトウェア開発をする際の脆弱性対策などに活用できる。

(Security NEXT - 2007/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を