Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェア対策とウイルス対策を統合した企業向けソリューション - ウェブルート

ウェブルート・ソフトウェアは、スパイウェア対策とウイルス対策機能を統合した、企業向けのセキュリティ対策ソリューション「Webroot AntiSpyware Corporate Edition with AntiVirus」を発売する。

同製品は、スパイウェア対策とウイルス対策機能を統合した企業向けのセキュリティ対策ソリューション。ソフォスのホスト侵入防止システム「Behavioral Genotype Protection」を搭載したことで、ウイルスの振る舞いを検知して未知の脅威による被害を予防的に防止する。

また、Active Directoryの統合によりクライアントの管理が容易になったほか、Windows Vistaとの互換性やスパイウェアの検出機能などを強化した。参考価格は、100ユーザー利用の場合で1ユーザーあたり4011円。スパイウェア対策機能のみ利用の場合は2646円。30日間無料で利用できる体験版を用意している。

(Security NEXT - 2007/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラベルプリンタ「テプラ」の一部製品に脆弱性 - Wi-Fiの認証情報が漏洩するおそれ
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
「H2DB」にRCE脆弱性 - 「Log4Shell」と同じく「JNDI」に起因
SAP、月例アドバイザリを公開 - 多数製品で「Log4Shell」に対応
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社