Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市所有船「あこがれ」の運営団体、メルマガ誤配信で氏名とアドレスを流出

大阪市は、7月23日に同市が所有する帆船「あこがれ」の運営団体がメールマガジンを配信した際、誤って714件の氏名とアドレスを表示した状態で送ったと発表した。

今回の事故は、同市所有の帆船「あこがれ」を運航する大阪港振興協会がメールマガジンを配信した際、誤送信が発生したもの。個人と法人合わせて714件の氏名およびアドレスが流出した。受信者からの指摘で判明し、受信者に対して謝罪やメールの削除依頼を行った。

同市では、二次被害発生時の対応について検討するとともに、再発防止策を実施するまで同メールマガジンの配信を停止するとしている。

(Security NEXT - 2007/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
「Java SE」に18件の脆弱性 - 定例パッチで修正
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
キヤノン製レーザープリンタや複合機にXSS脆弱性