Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モーニングスターが不正アクセス被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

金融情報サービスを展開するモーニングスターのウェブサイトが不正アクセスにより一時改ざんされ、その間に閲覧した場合、ウイルス感染するおそれがあったことがわかった。

感染するおそれがあったのは、オンラインゲーム「リネージュ」のパスワードなどを盗み出すウイルス「TSPY_LINEAGE.ACZ」。現在は駆除されて問題ないという。同社ではサイト利用者に対し、ウイルスのが感染していないか確認を呼びかけている。また原因や感染ルートについては調査中で今後報告するとしている。

今回感染が確認された「TSPY_LINEAGE.ACZ」は、今月はじめに発生したホームページ作成サイト「魔法のiらんど」の不正アクセス事件でも同様に埋め込まれたトロイの木馬。同事件も、今回と同様に閲覧者が感染するようウェブサイトが改ざんされていた。

(Security NEXT - 2007/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に