Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員が帰宅途中の飲食店でノートPC紛失 - 医薬品卸会社

メディセオ・パルタックホールディングスの子会社で医薬品卸売業を手がけるクラヤ三星堂の従業員が、7月18日に個人情報を保存した業務用ノートパソコンを紛失したことがわかった。

所在がわからなくなったパソコンは、同従業員が自宅作業のために持ち出していたもので、帰宅途中の飲食店で鞄ごと紛失したという。同パソコンには、氏名や住所、電話番号など、顧客80人分の個人情報や営業資料が保存されていた。また鞄には営業資料といった書類も含まれていた。

同社では発覚後、警察へ被害を届け、関係者へ事情の説明や謝罪を行っている。不正利用などの連絡は受けていないという。

(Security NEXT - 2007/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
旧サーバが改ざん、偽通販サイトを設置される - 江東区健康スポーツ公社
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
「Switch」が大幅割引とだます任天堂の偽サイトに注意