Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4人に1人がセキュリティ対策ソフトを未導入

4人に1人がセキュリティ対策ソフトを導入していないことが情報処理推進機構の調査によりわかった。

IPAがインターネット利用者を対象に実施した「情報セキュリティに関するあらたな脅威に対する意識調査」で判明したもの。同調査は今回が2回目で3月に行われた。有効回答数が5316件。

アンケートによれば、コンピュータウイルスやスパムメール、フィッシング詐欺などを認知しているユーザーはいずれも約8割から9割にのぼるが、正しく理解しているユーザーはいずれも3割から4割の間で推移。ボットやファーミングといった用語は6割以上が認知さえしておらず、正しい理解ができているユーザーは、それぞれ3.4%、2.5%とわずかだった。

セキュリティ対策については、セキュリティ対策ソフトの導入は73.9%と依然4分の1のユーザーが未対策。定期的なウイルスチェックとなると53.2%へ落ち込み、定義ファイルの定期的な更新は39.0%と4割に達していなかった。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社