Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料ホームページ作成サービスが不正アクセスの被害に - サービスが一時停止に

無料ホームページ作成サービスを展開する魔法のiらんどは、同社サーバーが不正アクセスを受けたと発表した。

現在同社では、不正アクセス対策のため、魔法のiらんどへのアクセスへのアクセスをブロックしており、ページの閲覧や更新が行えない状態となっている。また不正アクセス対策のメンテナンスを実施。7月10日より順次回復する予定だったが、終了時間の見通しは立っていないという。

同社によると、ホームページサービスのデータには影響なく、サービス再開後は通常通りアクセスできるようになるという。またデータベースへの不正アクセスはなく情報漏洩といった被害については否定している。

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー