Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料ホームページ作成サービスが不正アクセスの被害に - サービスが一時停止に

無料ホームページ作成サービスを展開する魔法のiらんどは、同社サーバーが不正アクセスを受けたと発表した。

現在同社では、不正アクセス対策のため、魔法のiらんどへのアクセスへのアクセスをブロックしており、ページの閲覧や更新が行えない状態となっている。また不正アクセス対策のメンテナンスを実施。7月10日より順次回復する予定だったが、終了時間の見通しは立っていないという。

同社によると、ホームページサービスのデータには影響なく、サービス再開後は通常通りアクセスできるようになるという。またデータベースへの不正アクセスはなく情報漏洩といった被害については否定している。

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス