Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開設してはすぐ閉鎖 - 転々と海賊版サイトを運営していた男女3人が逮捕

北海道警と厚別署は、オークションサイトや複数のウェブサイトを利用して海賊版ソフトウェアを販売していた男女3名を6月13日に著作権法違反の疑いで逮捕した。

警察は家宅捜索により、約400枚の海賊版ソフトが押収し、入手元などの調べを進めている。コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、逮捕された男女らは、2006年11月17日ごろから2007年4月13日ごろまでの間、ジャストシステムのワープロソフトやゼンリンの電子地図帳などを、無断で複製して販売していた。

男性らは、オークションサイトに海賊版を出品し、入札者に海賊版のリストを掲載したスパムメールを送付したほか、複数の海賊版販売サイトを通じて販売。短期間でサイトを変更するなど巧妙な手口で運営期間が最短2週間のものもあったという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検