Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セイコーエプソン、印刷物の取り違え防止やログ管理ソフトを発売

セイコーエプソンは、認証やログ管理など、印刷時の情報漏洩を防ぐ製品を、7月下旬より順次発売する。

7月下旬に発売する「Offirio SynergyWare 認証プロキシ」は、Active Directoryと連携することでプリント時のユーザー認証を実現するソフトウェア。受け取りに認証が必要となるため、他の書類へ紛れ込んだり、取り間違いなどを防止することができる。

またオプションとして、シンクライアント環境における認証印刷を実現するシステムや指静脈認証装置を組み合わせた生体認証印刷システムを8月上旬にリリースする予定。

印刷管理ソフトウェア「Offirio SynergyWare PrintDirector」は、印刷履歴として収集し、管理するセキュリティソリューション。8月上旬に発売を予定している。印刷を行ったユーザー、時間、印刷物など記録できる。複数プリンタの履歴をネットワーク上で一元管理可能。また印刷枚数の制限機能やレポート機能も搭載した。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県