Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セイコーエプソン、印刷物の取り違え防止やログ管理ソフトを発売

セイコーエプソンは、認証やログ管理など、印刷時の情報漏洩を防ぐ製品を、7月下旬より順次発売する。

7月下旬に発売する「Offirio SynergyWare 認証プロキシ」は、Active Directoryと連携することでプリント時のユーザー認証を実現するソフトウェア。受け取りに認証が必要となるため、他の書類へ紛れ込んだり、取り間違いなどを防止することができる。

またオプションとして、シンクライアント環境における認証印刷を実現するシステムや指静脈認証装置を組み合わせた生体認証印刷システムを8月上旬にリリースする予定。

印刷管理ソフトウェア「Offirio SynergyWare PrintDirector」は、印刷履歴として収集し、管理するセキュリティソリューション。8月上旬に発売を予定している。印刷を行ったユーザー、時間、印刷物など記録できる。複数プリンタの履歴をネットワーク上で一元管理可能。また印刷枚数の制限機能やレポート機能も搭載した。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性